本文へスキップ

きむら行政書士事務所では、宮城県石巻市を中心として古物商許可申請をサポートしております!

宮城県石巻市門脇字青葉東12−5電話番号TEL.0225-24-8030

受付時間 9:00〜19:00

古着屋、中古車販売、リサイクルショップ、古本・中古ゲーム販売、骨董品・古美術販売

きむら行政書士事務所の古物商許可申請サポート案内


古物商許可とは何か

そもそも古物商許可とは何なのか?また、なぜ許可が必要なのか?
古物商許可は、盗品等の売買防止や、被害品の早期発見による犯罪防止を目的としております。
そのため、古物営業(中古品の売買等)を行う場合は、宮城公安委員会の許可が必要になってくるのです。申請は宮城県内の各警察署になります。
例えば、石巻市管内で古物商を取得したい場合は、石巻警察署または河北警察署への申請となります。

このような商売をする際は古物商許可が必要

中古車・中古バイク販売、リサイクルショップ、古本・中古CD・DVD・ゲーム
レンタル・販売、古着販売、骨董品などの古美術販売、時計や貴金属の販売など
これらの商売をするには古物営業の許可が必要になってきます。

また「既に宮城県内で店をやっているが店舗を増やしたい」といった場合にも
所定の届出が必要になってきます。

古物商許可を取得メリット

ネットが急速に発達し、様々な物がネットで売買されるようになりました。
例えばネットでパソコン・プリンター、さらには自動車やバイクまでもが購入
できる世の中になりました。

売り手としては全国を相手にするビジネスチャンスが広がり、買い手としては
多くの情報を集めながら購入をすることができるのです。

例えば「石巻に住んでいるが、関東や他県から自動車を購入した」という事も
できる世の中なのです。
逆パターンとして「石巻に住みながら関東・関西地方へ自動車を売る」という
事も可能になります。
自動車を例に上げましたが、「古物」であれば他の商品でも可能なのです。

宮城県内・対応地域一覧

石巻市|東松島市|女川町|仙台市|岩沼市|大崎市|角田市|栗原市|気仙沼市|
塩竈市|白石市|多賀城市|登米市|名取市|大河原町|大郷町|大衡村|川崎町|
蔵王町|色麻町|七ヶ宿町|七ヶ浜町|柴田町|大和町|富谷町|松島町|丸森町|
美里町|南三陸町|村田町|山元町|利府町|涌谷町|亘理町|

      古物商許可に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽に。





古物商取引に関して


 きむら行政書士事務所

 〒986-0853
 宮城県石巻市門脇字青葉東12-5
 TEL.0225-24-8030

 Mail info@kimu-gyousei.com

弊所運営サイト










スマートフォン版